電子カルテ

電子医療記録またはEMRは、単に個人の紙の医療記録のスキャンされたデジタルバージョンを意味します。電子医療記録は、診療所やオフィスなどの単一の施設内の患者の医療記録を表します。 EMRは、医師または組織が患者の治療と現在の健康状態を追跡するために維持するデジタル記録です。

電子カルテが一般的に保持する情報

    個人情報: EMRには、身長、体重、血液型などの患者の詳細情報が保存されます。
    患者さんの病歴:医師は、より効果的な治療をさらに提供するために、患者さんの以前の病歴を常に知りたいと思っています。 EMRには、以前の病気、薬、患者のアレルギーに関する情報が含まれており、医師が患者をより効果的に研究するのに役立ちます。
    診断リスト:患者の現在の治療と投薬に関する情報もEMRに保存されます。これは、医師が現在の健康状態を経験した後に必要な決定を行うのに役立ちます。

人の上記のすべての情報は、スケジューリングと請求を処理する医師の診療管理ソフトウェアシステムと統合されます。

EMRのタイプ

  1. サーバーベースのEMR:これは通常、「サーバー」と呼ばれる専用コンピューターの練習場にあります。
  1. WebベースのEMR:これは通常、医療従事者がインターネット接続を利用してアクセスするEMRCompanyのサーバーのオフサイトにあります。ソフトウェアまたはアプリケーションサービスプロバイダーとも呼ばれます。

電子カルテのメリット

    より読みやすく正確なデータ:EMRのデータはシステムに保存されるため、より読みやすく、より明確な患者の健康チャートを提供します。
    情報に簡単にアクセス:システムに保存されているすべての情報にどこからでもアクセスできます。
    ドキュメントの強化:EMRシステムは、デジタルイメージングと特別なテストへのアクセスを提供することにより、ドキュメントを強化します。
    診療所と請求部門の統合の改善:このシステムを採用した後の請求では、ミスや詐欺の可能性が少なくなります。
    効率とコミュニケーションの改善:すべての情報をリアルタイムで共有できるため、EMRは医師が患者の治療に関する重要な決定を行う際に非常に役立ち、コミュニケーションプロセスも改善されます。
    患者の安全性の向上:EMRは、現在の状態だけでなく、患者の重要な病歴も保存します。これはさらに、患者により良い、より安全な治療を提供するのに役立ちます。
    ラボ情報の追跡の改善:ラボテストとその結果はすべてシステムで利用できるため、医師だけでなく患者も医療レポートやラボレポートをより迅速に確認できます。
  • 傾向の追跡:EMRは、血圧、血糖値、または眼内圧に関する詳細を提供することにより、医師が患者の健康の現在の状態と傾向を認識できるようにします。
  • 費用対効果:EMRは、これらのレコードの管理にかかる時間と労力を削減するシステムによって管理されます。

出典:

  1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4607324/
健康IT