電子カルテのメリット

電子健康記録(EHR)は、単に患者の紙のカルテまたはその病歴のデジタル形式です。これらの記録には、検査結果、アレルギー情報、予防接種の日付、患者に関連する投薬など、患者に必要なすべての情報が含まれています。

電子カルテのメリット

日常生活における電子医療記録(EHR)の主な利点には、次のものがあります。

完全かつ正確な情報の提供

EHR は、患者に関するすべてのデータが自動的に管理されるデジタル システムです。これにより、患者と医師の両方が正確で最新の情報にアクセスできるようになります。患者の健康に関する正確で完全な医療情報があれば、誤った投薬の可能性もさらに排除されます

EHR は、重複した記録や矛盾した記録の可能性を減らすことで、正確性を高めます。紙ベースのシステムでは、患者が複数のカルテをさまざまな場所に保管していることは珍しくなく、情報が断片化され不完全になります。EHR は、すべての関連データを 1 つの電子記録に統合し、エラーのリスクを最小限に抑え、さまざまな医療環境でケアの継続性を確保します。

患者記録へのクイックアクセス

EHRにより、診療所と患者のデータ管理がよりスムーズになりました。これらのレコードはデジタルで管理されるため、重い事務処理やかさばるファイルの関与はありません。患者カルテは、マウスをクリックするだけで簡単にアクセスできます。このような情報はすべてシステムにすでに保存されているため、患者は検査室の領収書や処方箋 を気にする必要もありません。

数回クリックするだけで、医師は病歴、検査結果、画像検査、以前の診察記録など、豊富な情報にアクセスできます。患者の健康状態を包括的に把握することで、医療提供者はパターンを検出し、リスク要因を特定し、紙ベースの記録では見逃される可能性のある関連性を見つけることができます。

効果的な診断

EHRは、事務処理の負担を軽減するだけでなく、診断をより効果的にしました。正確なデータへの迅速なアクセスにより、医療ミスが減少し、患者により正確なケアが提供されました。

さらに、EHR には多くの場合、医療提供者の診断プロセスを支援する意思決定支援ツールが装備されています。これらのツールは、臨床ガイドラインやベスト プラクティス アラートから、患者データを分析して潜在的な診断や治療オプションを提案する高度なアルゴリズムまで多岐にわたります。これらの意思決定支援機能を活用することで、医療提供者は診断の精度を高め、エラーの可能性を減らすことができます。

ヘルスケアの利便性

EHRは医療の質を向上させます。これらはまた、医療提供者と患者にとってより便利な医療になります。このシステムは、強化された意思決定支援、臨床アラート、およびリマインダーを提供するだけでなく、フォームに記入したり、何度も診療所を訪れたりする必要をなくします。 EHRの助けを借りてクリニックとデータを共有することにより、直接電話して予約を修正することができます。

さらに、EHR は医療チームのメンバー間のコミュニケーションとコラボレーションを促進し、専門医、主治医、看護師、その他の医療提供者が洞察を共有し、診断プロセスに貢献できるようにします。この学際的なアプローチにより、患者の状態を総合的に理解し、診断の意思決定プロセスですべての関連情報が考慮されるようになります。

患者データのプライバシーとセキュリティ

Electronic Health Recordsの患者記録は、より安全で体系的です。医療ITシステムの下で開発されたさまざまなツールがあり、ユーザーは自分の健康データを安全に保つことができます。

EHR システムでは、パスワード、生体認証識別子、2 要素認証などの強力な認証メカニズムを採用し、承認された医療提供者のみが患者の記録にアクセスできるようにします。さらに、役割ベースのアクセス制御により、組織は役割と責任に基づいてユーザーの特定の情報へのアクセスを制限し、患者の機密性をさらに保護できます。

さらに、EHR には、送信中と保存中の両方でデータを保護するための暗号化技術が組み込まれています。この暗号化により、権限のない人物がデータを傍受した場合でも、データは解読不能で使用不可能な状態のままになります。さらに、患者記録へのアクセスを追跡するために、EHR システム内に監査証跡が実装されることが多く、組織がユーザーのアクティビティを監視して、権限のないアクセス試行を確認する手段を提供します。

効率的なコスト

電子医療記録 (EHR) の大きな利点の 1 つはコスト効率です。これは、医療提供者と組織のコスト削減に貢献するいくつかの重要な要素から生まれます。

電子健康記録は、データ管理における紙の使用をほとんど排除します。これにより、コストが節約されるだけでなく、これらの記録を安全にするための労力 も節約されました。 また、テストを複製する必要もありません。患者にとって、これらの記録は安全性を高め、適切な投薬により健康状態を改善するためのアクセスを提供します。

第二に、EHR は物理的な保管スペースとそれに伴う経費の必要性を排除します。従来の紙ベースの医療記録には専用の保管施設が必要で、メンテナンス、セキュリティ、スペース利用のコストが発生します。対照的に、EHR は患者情報を電子的に保管するため、物理的な保管の必要性がなくなり、それに伴う経費が削減されます。

さらに、EHR は使用パターンを追跡し、再注文プロセスを自動化することで、在庫と備品の効率的な管理を促進します。これにより、医療施設は在庫過剰と関連コストを最小限に抑えながら、最適なレベルの備品を維持できます。

医療提供者によるより良い意思決定

これらが彼らの負担を減らしたので、開業医は常に電子健康記録を賞賛してきました。システムは、患者の医療検査の自動リマインダー を提供し、患者の状態の進行状況も表示します。

包括的な患者情報へのアクセスにより、医療提供者は診断や治療計画についてより情報に基づいた決定を下すことができます。たとえば、医師は患者の病歴や現在の投薬を素早く確認して、潜在的に有害な薬剤の組み合わせを処方することを避けることができます。さらに、EHR は医療チーム間のコミュニケーションとコラボレーションを促進し、患者の治療に携わるすべての医療提供者が同じ情報にアクセスできるようにします。

タイムセーバー

今日の生活で最も重要なことは時間です。電子健康記録は患者の治療にかかる時間を節約するのに非常に役立ちます。医師は患者とオンラインでコミュニケーションを取ることができ、患者は処方箋を直接受け取ることができるため、何度もクリニックを訪れる必要もありません

予約のスケジュール、請求、クレーム処理などのプロセスを自動化することで、医療施設は管理費を大幅に削減できます。この効率化により、時間が節約されるだけでなく、手動データ入力に伴うエラーのリスクも最小限に抑えられ、最終的にはコスト削減につながります。


出典:

  1. https://healthinformatics.uic.edu/resources/articles/the-benefits-of-electronic-health-records/
  2. https://www.healthit.gov/faq/what-are-advantages-electronic-health-records
健康IT

返信を残す

コメント
名前*
郵便*