電子健康記録の利点

電子健康記録(EHR)は、単に患者の紙のカルテまたはその病歴のデジタル形式です。これらの記録には、検査結果、アレルギー情報、予防接種の日付、患者に関連する投薬など、患者に必要なすべての情報が含まれています。

日常生活における電子医療記録(EHR)の主な利点には、次のものがあります。

    完全で正確な情報の提供

EHRは、患者に関するすべてのデータが自動的に管理されるデジタルシステムです。これにより、患者と医師の両方が正確で最新の情報にアクセスできるようになります。患者の健康に関する正確で完全な医療情報は、間違った投薬の可能性をさらに排除します。

    患者の記録への迅速なアクセス

EHRにより、診療所と患者のデータ管理がよりスムーズになりました。これらのレコードはデジタルで管理されるため、重い事務処理やかさばるファイルの関与はありません。患者カルテは、マウスをクリックするだけで簡単にアクセスできます。このような情報はすべてシステムにすでに保存されているため、患者は検査室の領収書や処方箋を気にする必要もありません。

    効果的な診断

EHRは、事務処理の負担を軽減するだけでなく、診断をより効果的にしました。正確なデータへの迅速なアクセスにより、医療ミスが減少し、患者により正確なケアが提供されました。

    ヘルスケアの利便性

EHRは医療の質を向上させます。これらはまた、医療提供者と患者にとってより便利な医療になります。このシステムは、強化された意思決定支援、臨床アラート、およびリマインダーを提供するだけでなく、フォームに記入したり、何度も診療所を訪れたりする必要をなくします。 EHRの助けを借りてクリニックとデータを共有することにより、直接電話して予約を修正することができます。

    患者データのプライバシーとセキュリティ

電子健康記録の患者記録は、より安全で体系的です。医療ITシステムの下で開発されたさまざまなツールがあり、ユーザーは自分の健康データを安全に保つことができます。

    効率的なコスト

電子健康記録は、データ管理における紙の使用をほとんど排除します。これにより、コストが節約されるだけでなく、これらの記録を安全にするための労力も節約されました。また、テストを複製する必要もありません。患者にとって、これらの記録は安全性を高め、適切な投薬により健康状態を改善するためのアクセスを提供します。

    医療提供者によるより良い意思決定

これらが彼らの負担を減らしたので、開業医は常に電子健康記録を賞賛してきました。システムは、患者の医療検査の自動リマインダーを提供し、患者の状態の進行状況も表示します。

    タイムセーバー

今日の生活の中で最も重要なことは時間です。電子健康記録は、患者の治療にかかる時間を節約するのに非常に役立ちます。これにより、医師はオンラインで患者とコミュニケーションをとることができ、処方箋を直接入手できるため、患者は何度も診療所に行く必要がありません。


出典:

    https://healthinformatics.uic.edu/resources/articles/the-benefits-of-electronic-health-records/
健康IT