健康IT –患者と医療提供者にとってのメリット

国の市民が健康であれば、国の全体的な発展を確実にするのに長い道のりがあります。医療情報技術の進歩に伴い、医療セクターの革命は近い将来にチャート上にあります。

ヘルスITを組み込んで構築された効率的で安全な相互運用可能な情報ネットワークは、患者がこのシステム全体の中心的なステージに留まるため、患者の健康と幸福を保証します。

健康情報技術とは?

医療情報技術には、医療専門家が日々の活動を行うのに役立つサービスとツールが含まれています。つまり、ヘルスケア IT は、データ共有、患者情報の管理、医療画像処理など、幅広い概念を扱っています。

健康 ITとは、病気の診断、治療、予防に使用できるデータ、画像、情報に関するものです。この情報は、さまざまな形式のフォームとして提示でき、電子カルテに簡単に保存できます。さまざまな種類のデバイスまたは保護されたクラウド サービス内に保存できます。

今日の医療 IT は、患者教育、疾患管理、臨床診療管理、健康記録管理、臨床意思決定支援など、さまざまな側面で構成されています。

健康情報技術の利点

医療情報技術は、患者と医療提供者の両方に多大なメリットをもたらします。患者は、電子カルテを表示および管理できます。医師は、コンピュータ ネットワークを介して複数のソースから重要な情報にアクセスできるため、時間のかかる調査が不要になり、費用が節約され、遅延が減少します。

主な利点のいくつかを以下に示します。

患者にとってのメリット

  • 消費者は、消費者の健康のケアと管理、および愛する人の健康に不可欠な、自分の健康に関するリアルタイムの情報にアクセスできます。
  • 医療ITを通じて、人は自分の医療情報をさまざまな医療提供者に、インターフェース自体を介して、または物理的なレポートをダウンロードさせることによって送信できます。これは非常に便利で、コストを節約できます。
  • 患者は医師に質問したり、安全な電子メールサービスを介してやり取りしたりすることもできます。これにより、情報を適切に共有し、医師と患者の間のより良い関係を構築することができます。
  • リマインダーでさえ、フォローアップや健康上の懸念について、医療ITのサービスを使用して患者に送信されます。
  • 患者の医療概要を電子的に共有することで、プロバイダー間の直接的なコミュニケーションが構築され、不要なサービスや重複するサービスが排除されます。その結果、最終コストが大幅に削減され、ヘルスケアが手頃な価格になります。質の高い医療施設にアクセスするのに十分なリソースがない人でも。
  • 医療ITは、患者の医療提供者に対する信頼を築くのに役立ちます。

医療提供者にとってのメリット

  • 医療情報技術、特にEHRを含めることで、医師は互いにより良い方法で調整することができます。たとえば、ある医師によって処方された薬が他の医師によって処方された薬と相互作用する場合、EHRはこれについて警告を発することができます。また、EHRには、時々適さなかった薬の記録があります。したがって、EHRに基づく最終レポートでは、医師は自分の能力を使用して、患者により良い医療サービスを提供できます。
  • 医師と患者の間のコミュニケーションが改善されるため、高品質でエラーのないケアが保証されます。
  • すべての健康レポートと情報は中央に配置されているため、すべての医師が直接アクセスできます。これにより、より安全で信頼性の高い処方箋を短時間で提供できるようになります。さらに、治療する患者が非常に多いため、医療提供者の負担が大幅に軽減されます。
  • 患者の健康に関するリアルタイムの情報にアクセスすることで、医師は、提供するサービスの同等性、つまり、特定のグループの患者の健康状態が改善したか悪化したかを知ることができます。

まとめ: 医療 IT の未来

現在、ヘルスITは、世界中の主要な医療提供者によって広く採用されていません。しかし、日常の医療ITは医療業界で大きな飛躍を遂げており、これは間違いなく将来的にリーチを拡大するでしょう。これにより、ヘルスケアの観点から、すべての人の生活の質が全体的に向上します。

健康IT