遠隔医療

遠隔医療の意味

科学的方法と情報技術を通じた医療援助の遠隔医療としての病気への分配は知られています。遠隔医療は、医療サービスが農村社会に届き、誰も治療を受けないことがないように、特に農村社会で考慮されました。遠隔地に住む人々は、このような純粋な飲料水として主要施設などの疾患になりやすいです、栄養が豊富な食品や便利な排便源でも21世紀におけるそれらにアクセスすることはできません。しかし、遠隔医療を通じて、医師が病院の壁を越えて、必要な病院に手を差し伸べることが可能になりました

主に次の3種類があります

  • 遠隔患者モニタリング-このサービスは、持続的な病気に苦しんでいる患者のためのものです。それは患者に家にいることの容易さを与え、同様に治療されます。モバイル医療機器は、血糖値や血圧など、患者に関する詳細を収集することもできます。
  • ストアアンドフォワード-このサービスは、一方の医師がもう一方の医師に相談したい場合に使用できます。彼/彼女はデータを保存し、必要に応じて別の医師に転送します。
  • インタラクティブ遠隔医療-このサービスは、患者と医師の間のリアルタイムの会議の感覚を提供します。これには、ビデオ通話や電話での会話など、さまざまな方法が含まれます。

コインには両面があるという事実を知っているので、利益だけをもたらすものはありません。したがって、遠隔医療は長所と短所の両方を獲得します。

患者と医師の両方のための遠隔医療の長所

  1. 遠隔医療が提供する最大の利点は、到達可能性です。インターネット時代では、大多数の人口はソーシャルネットワーキングサイトを通じて親しみやすくなっています。そのため、医療施設は大きな境界を簡単に突き抜けることができました。
  2. 次に、遠隔医療のユーザー志向で便利な性質について語る実用性を取り上げます。これらのサービスは時間とお金の両方を節約します。したがって、これは非常に経済的なオプションです。
  3. 医師はまた、それ自体が頭痛である患者の長い列から救われます。いくつかの小さな問題は、薬や治療法を伝えることで携帯電話や電話で解決できます。

患者と医師の両方のための遠隔医療の短所

  1. これらのサービスはある程度制限されており、患者を目の前に置いて徹底的に検査することが必要になる場合があります。
  2. 遠隔医療には特別な種類のツール、ソフトウェア、および機器が必要です。このプロセスも非常にコストがかかり、法的な理由により簡単にアクセスできないためです。そのため、多くの医師を対象としたものではありません。
  3. 場合によっては、患者が医療スタッフの支援または24時間365日の観察を必要とする場合がありますが、

いくつかの不利な点にもかかわらず、遠隔医療の主な利点は無視されるべきではありません。距離による障害をすべて克服し、隅々まで医療サービスを提供します。これは、インターネットサービスの利用が増えるにつれてより重要になります。さまざまな健康関連の情報学の伝達も簡単に省かれます。

 

 

健康IT