健康情報交換のメリット

健康情報交換のメリット

医療情報交換(HIE)システムは、医師、看護師、またはその他の医療関係者が患者の医療情報に電子的に適切にアクセスして安全に共有できるようにすることで、患者の医療の質、安全性、速度、コストの向上に役立ちます。

電子医療情報交換は、患者の記録維持能力を向上させ、それが患者の治療に大きな影響を与えます。過去の医療情報交換により、現在の投薬量や他のすべての医療情報は、医師または他の医療担当者が一度に確認できます。

患者情報を時折共有することで、患者は特定の決定を下すことができ、プロバイダーは次の方法で治療を簡単に行うことができます。

  • 患者の再入院を避ける
  • 薬の間違いを避ける
  • 診断レベルの向上
  • テストの重複を避ける

医療部門における健康情報交換の利点

医療情報交換は、患者の完全な病歴を追跡することが非常に重要であるため、医療部門で重要な役割を果たします。 HIRは、患者の現在および過去の病状を追跡することにより、患者に適切な治療の追跡を提供するのに役立ちます。また、重複治療やその他の医療過誤を回避することにより、治療費の削減にも役立ちます。

HIEのその他の利点

  1. 時間効率:医療情報交換システムにより、ユーザーはインターネットを介して医療情報を交換できるため、わずか数分で、ドキュメントの送信やファックス送信に費やす貴重な時間を節約できます。
  2. 環境にやさしい:情報を紙に記録するには、特に心電図を画像に取り込む場合は、通常、多くのページが必要になります。 1人の患者が自分の医療記録に100ページを必要とする場合、病院全体に必要な膨大な量の紙を想像してみてください。データをデジタル化された形式に変換することで、大量の紙を節約できるため、環境がより快適になります。
  3. メンテナンスの削減:ファイル、レポート、その他のドキュメントの処理は非常に面倒な作業になる可能性があり、置き忘れた場合、壊滅的な結果が避けられません。したがって、レコードのデジタル化により、データが失われるリスクが大幅に減少します。暗号化やその他の手法を使用してデータの転送を保護すると、リスクを軽減できます。
  4. エラーのないデータベース:医療機関の手書きの誤りが原因であいまいさが生じ、混乱状態につながる可能性があります。これを回避するために、健康情報交換はデータを書き込む必要をなくし、それによってデータの入力に置き換えます。また、HIEシステムを診断に使用されるさまざまな機器と接続すると、分析と数値がシステムに直接保存されるため、手動でデータを挿入する作業が不要になるため、利点があります。
  5. 臨床転帰の即興:手動データレコーダーの排除と時間の短縮により、情報の交換を迅速かつ効果的に行うことができ、患者の迅速な回復を保証することができます。

 


 

健康IT